オルゴナイトとの違い


オルゴナイトとは

自然界に遍満している一種の生命エネルギーについて、東洋で昔から「気」と呼んでいたものの一種がオルゴンエネルギーです。

このオルゴンエネルギーの循環・発生装置がオルゴナイトと言われています。


スフィアとは

生命体のグリッドを維持するのは「気」だけではなく、特に肉体の健康にマグネティックエネルギー(生体磁気エネルギー)が必要とされます。

磁場に対して、スフィアが磁気を作り出し、補う効果があります。


一方肉体は磁石であり、磁気エネルギーは、神経経路を伝わります。

磁気力とともにエネルギーが体内とオーラ体に確保されます。


また、肉体には、磁気極性があり、磁気力を生ずるには、ポジティヴ(陽)と、

ネガティヴ(陰)との両方の極性が必要であると云います。


つまり、磁気マグネティックエネルギーがアンバランスになると陰と陽とのバランスがくずれ、

それが病気の原因になると昔から東洋医学、アユールヴェーダで言われています。


磁気のネックレスやブレスレットが人気な健康グッズなのもそれです。


このエレックトロニックマグネティック電磁球が自然の力を利用して、手にとる人の生体磁場の状態に合わせて自動的に磁気バランスシステムの再構築を助けます。


手にとってしばらくすると光や色が変化し始めるのが磁気バランスが再構築されることを意味します。


この光磁球がオーガニックの素材を使い、イギリスのヒーラーが数十日間手間暇をかけてようやく一個がつくられるほどの貴重なものです。


しかも、この光磁球が自動的に宇宙と大地とつながれるようにアチュンメントされていて、火、水、風、地のエレメントのエネルギーがチャージされています。

いわば、「ユニバーサル環境の風水」が凝縮された存在です。

私は風水パワーを強化するためにこの ライトヒーリングスフィア を風水祭壇の真ん中に置いています。

人、場所、空間、運気のエネルギーの土台を改善し、バランスする効果を与えます。

もつ人や空間の運気の土台をよくし、お勉強、仕事、旅行、看病、場の盛り上がり、雰囲気をよくするためになくてはならないヒーリングツールです。